ヘルプページ

ヘルプを読んで便利に使いましょう

ヘルプとは

操作方法がわからない、など行き詰まったとき、困ったときに参照できる情報をコンピュータ用語で「ヘルプ」と言います。

このページではMimir Yokohamaのウェブサイトの使い方をアドバイスします。

サイトの利用方法と便利機能

ハンバーガーメニュー

通常、右上に表示されている三本線のマーク1はハンバーガーメニューといい、そこを操作することでメニューを開くことができることを示しています。

Mimir Yokohamaでもこれによってメニューを開くことができます。 ハンバーガーメニューが利用できない環境ではメニューはサイドカラム上に表示されています。

メニューを閉じる場合はハンバーガーメニューのマーク(良い環境では×マークになります)を操作してください。

サイドカラム

サイドメニューは十分な広さのあるウィンドウ上では右側に表示されますが、スマートフォンなどスペースが足りない場合は本文の下に表示されます。

主に目次や、ハンバーガーメニューが使えない場合のメニュー、検索窓などを表示しています。

TOC (目次)

Mimir Yokohamaのページには目次機能があります。 目次はサイドカラムが横に表示される場合はサイドカラム上に、サイドカラムが下部に表示される場合は記事上部に表示されます。

またハンバーガーメニュー下部にも配置しています。 記事を読んでいる途中で目次から記事をたどりたい場合はハンバーガーメニューを開くと良いでしょう。 また、スマートフォンなどでは目次は

Mimir Yokohamaにはかなり長い記事があるため、ご活用ください。 特に記事情報が「つまみよみできる」となっているものは目次から読みたい部分を選んで読むことができます。

TOPに戻るボタン

最新の環境では右下にボタンが表示され、クリックまたはタップでページ上部に戻れるようになっています。

長い記事でTOCや先頭に戻りたい場合にご活用ください。

なお、ページ最下部のフッターのほうが優先であるため、これにかぶっていると操作できません。

注釈

記事中に脚注が書かれている場合があります2。 脚注は本文で書かれている内容を補足します。

一般的な環境ではダガーマーク(†)のあとに脚注番号が書かれています。

この脚注番号をクリックすると該当する脚注にジャンプすることができます。 また、リターンマーク(↩)をクリックすると記事の元の位置に戻ります。

特にリターンマークはお使いの環境(主にフォント)によっては表示されないかもしれません。 表示されていない場合でも注釈の後ろにあるリンクのアンダーラインを頼りすることで操作できる可能性があります。

用語集

人々のコンピュータに関する知識の量は様々で、かといって用語を避けて説明したところでわかりにくくなるだけです。 しかしながら説明のない用語はまたわかりにくくもあるでしょう。

そこでMimir Yokohamaには用語集機能があります。 各ページに適した辞書が自動的に選ばれ、本文に辞書に登録されている言葉と同じ言葉が登場するとその言葉の下部に傍線3が引かれます。

ここにポインターカーソルを当てて待つとツールチップで言葉の意味が表示されます。 あるいはクリックまたはタップするとポップアップによって意味が表示されます。

自動で処理しているため、文脈や言葉と合わずに辞書が適用される場合もあります。

また、用語集自体はメニューからページをたどることができます

ライトボックス

記事中にある写真・画像はクリックまたはタップすると拡大して表示されます。

ただし、これは全ての画像に対して適用されるわけではありません。 記事執筆者が拡大を必要とすると考えた画像だけですから、クリックまたはタップしても反応しない場合もあります。

Document Description

概要

ウェブページには文書情報として文書の要点をまとめたdescriptionという値を書くことができます。 これはどちらかといえばSEO的目的のために知られていますが、現在はSEO的効果は乏しいものになっています。

Mimir Yokohamaのウェブページは2018年8月上旬以降に書かれたものは多くの場合このdescriptionを持ちます。 これはSEO的目的のためではなく、ユーザービリティ向上のためです。

このdescriptionは次のように使われています。

目次ページでの使い方

パソコンなどでポインターカーソルが使える方は、文書タイトルの上にポインターカーソルをもっていき、少し待つと(環境にもよりますが)要約が表示されます。

またはJavaScriptに対応している環境であれば、タイトルの後に📖?という表示がなされます。 これをクリックまたはタップするとdescriptionが表示されます。

文書ページでの使い方

記事情報の一部として要約が表示されます。

スマートフォンなどでもアクセスしやすくなるよう、文書のタイトル(上部に帯状に大きく表示されている部分)をクリックまたはタップすると記事情報に飛びようになっています。

いいね!

通常ページに関しては記事の下部に“👍 +1”というボタンがあります。

これをクリックすると「いいね!」したことが伝わります。

これが更新のモチベーションになったり、更新の優先順位が高くなったりします。 人気の記事は同じタイプの記事を掲載したり、補充する内容を掲載したりしますし、シリーズものは続編の更新が早くなるでしょう。

そのページがいいね!と思ったらぜひクリックしてください。

例外的なケースになりますが、JavaScriptに対応していない場合ボタンは反応がないように見えますが、ちゃんと送信されています。 また、204(No Content)に対応していない場合、空のページが表示されます。

コメント機能

各ページにはコメント機能があります。

ご意見・ご要望、あるいは誤りのご指摘等ありましたらお気軽にお寄せください(匿名OK)。

このコメント機能を使用したコメントは公開されません。 お寄せいただいたコメントはMimir Yokohamaスタッフが定期的に読ませていただき、 記事の更新や内容の選択などの参考にさせていただきます。

また、コメントに対するお返事は致しておりません。ご了承ください。

なお、この機能はJavaScriptを使用しており、JavaScriptがない場合機能しません(コメントフォームが開きません)。

フィード機能

新しい記事の更新をチェックしやすいフィード機能があります。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

トップに戻る

Mimir Yokohamaのロゴを操作するとトップページに移動します。 近年では一般的な仕様です。

また、メニューから戻ることもできます。

ただし、あまりトップページに戻りたい理由はないでしょう😎4

長い記事をスマートフォンで快適に読むために

メニューを開いていただきますと、メニューの中に目次が表示されます。

目次はページ下方にも表示されています。

(パソコンなどで十分な表示領域がある場合、目次は右側に表示されます)

記事カテゴリの紹介

サービス一覧

Mimir Yokohamaのサービスや料金をご紹介しています。

最高品質のサービスを目指しております。

もし関心がありましたら、ぜひお問い合わせください!

スペシャルキャンペーン

こちらもMimir Yokohamaの提供しているサービスで、 特別価格や特別なパッケージでご提供しているものについてご紹介させていただいております。

記事

お役立ち記事

コンピュータに詳しくない方、特別にコンピュータを使っていない方でも日常遭遇すること、コンピュータを使っていて避けて通れないことなどを題材に色々なお話をしています。

ぜひ一度、一覧だけでも目を通してみてください。

連載もこちらに含まれています。 連載はより読み物としておもしろくなるよう工夫しています。

公開している教材

Mimir YokohamaのIT家庭教師サービスで制作した教材を一般化したものです。

一般化できるもののみを掲載しているため、一部だけです。 また、実際の授業ではおひとりおひとりに合わせて制作されるため、ここにあるものがそのまま使われることは稀です。

しかしながら自習や、Mimir Yokohamaの授業の雰囲気をつかむには有用でしょう。

(もちろん、Mimir Yokohamaの授業はただテキストをなぞるだけではありません)

ミーミルヨコハマについて

Mimir Yokohamaに関する情報を掲載しています。

あまり書くことがないため、情報は少なめです。

ただし、“ミーミルの泉”はMimir Yokohamaの特別な技術についてご紹介していますから、興味深く読めるかもしれません。

お知らせと情報

活動報告やウェブサイトの変更などのニュースを掲載しています。

連載

読み物として楽しく読めてちょっと役に立つ、を目標としたシリーズです。

情報

Mimir Yokohamaの補足情報や更新履歴などを掲載しています。

用語集もこちらに収録されています。

検索

タグを元に記事を探すことができますが、タグで検索するほどの記事数がないため、 現在のところあまり有用ではありません。

お問い合わせ

ご相談、お申し込み、お問い合わせはこちらへ!

お問い合わせフォームも設置され、お問い合わせがしやすくなりました。


  1. ハンバーガーメニューに限らず、見た目や配置は環境によって異なる場合があります。

  2. こんな感じで

  3. 意図した通りに見えるならば、緑色の破線です。

  4. トップページをブックマークしたいか、挨拶を読みたいか…なんにしてもありがたいことです。