ウェブ開発サービス

シンプルに、美しく

見た目は華やかだけれど見づらい、見つけづらいサイトの多い昨今

ウェブサイトの本質に立ち返り、情報を読み取れるサイトに

シンプルに、けれどモダンな美しさを兼ね備えたウェブサイトです

>> 詳細を見る

速く、軽く

ユーザーは数秒待たされればページをみることをやめます

再度ページを見ることをためらいすらします

さらに近年のサイトは軽くても10MB、重ければ40MB

スマートフォンの通信量上限が1GBなら、合計25ページ見ただけで上限です

応答の速さ、そして訪問者に負担をかけない軽量さ

速度制限環境でも快適に見られるページ

ユーザーが気軽に開けるページで、見てもらえるサイトを

>> 詳細を見る

見られなければ意味がない

どれほど豪奢で美しいウェブサイトも見る人がいなければ意味がない

見ることに壁を作らない、それが「アクセシビリティ」

けれど、現在多くのページは「主流の人でなければ見られない」ようになっています

古い環境、少数派、テキスト端末、遅い回線、目の見えない人、色盲の人

どんな人でも情報が得られるように設計し、テストする

それは「誰かを排除しない」 Mimir Yokohama のポリシーでもあります

>> 詳細を見る

モダン、それだけでいいの?

“HTML5”というキーワードが世間を賑わせてはや数年

“JQuery”, “CSS3” など流行りのキーワードがさも価値のように語られます

しかし、モダンなテクノロジーを投入すればそれで良いのでしょうか?

本当は、「見てもらえる」「訪問者が欲しい情報を手に入れられる」

そして「ストレスなく開ける」ことが本当の価値であるはず

モダンなテクノロジーは裏方に

作り手の自己満足やアピールのためのモダンさは必要ありません

>> 詳細を見る

隠れたところに超技術

ライブラリなし、わずか60行のライトボックス

JavaScriptに頼らないドロワーメニュー

一見なんでもないところに、快適に利用できるために高い技術を投入

派手さはないけれど、誰かが注目するわけでもないけれど

快適に利用できるように、高い技術を投入しています

>> 詳細を見る

驚きのコストパフォーマンス

最小構成で初期費用49,000円

ご自身でサーバー運営、更新される場合は月額料金もかかりません

高い更新料を取るような仕組みも、できるだけ回避

高品位なサービスを、低価格でご利用になれます

>> 詳細を見る

さながら守護神

例えば侵入検知システムは、ただ導入してもメリットはなにもありません

侵入検知システムは「設定できるようになる」ものです

その設定には膨大なノウハウが必要です

防衛役として実戦で鍛えた技術は、「動作」と「防御」の最適なバランスを構築します

付け入る隙を与えない鉄壁の防御

様々な悪意からサーバーを、システムを守ります

>> 詳細を見る