エンジニアリングパワーサービス

優れたエンジニアを、必要なだけ

数多いるエンジニアもその実力はピンキリです。 実力あるエンジニアの数は少ない需要は高いため、競争率が高く、高い給与額での争奪戦となります。

優秀なエンジニアを抱え込む必要があるほどITを重視しているわけではないとしても、やはり優秀なエンジニアに頼みたいという部分はあるでしょう。

そこで、Mimir Yokohamaは、そのような強力なエンジニアリングパワーを「必要とするだけ」切り売りでご提供します。

技術でできるものならば、どんなサービスでも

エンジニアの技術力と時間をレンタルするものですので、使い方は色々、あなた次第。

Mimir Yokohamaのメニューにはないような課題にも活用できます。

活用法

誰を起用するかによって活用方法は大きく変わりますので、ここではフルスタックエンジニアである正木はるかを起用するものとしましょう。

コンピュータが苦手な個人事業主様に

仕事の道具としてコンピュータを使ってはいるものの、コンピュータが得意なわけでもなくなにかあったら厄介、 データの損失や故障、あるいはエラーなどが怖い…

そんな場合はExtra bitプランやMaster bitプランのような短時間のエンジニアリングパワーを活用しましょう。 これだけで「ITに強い事業者」が完成します。 「ITに強いクライアント」の問い合わせに右往左往する必要もなくなります。

社内SE/IT部門として利用

社内のコンピュータの相談から管理、さらにシステム開発などまでその全てを担当する形で「丸投げ」することができます。

ITの比率が小さければ実際の業務時間はかなり少なくなることが予想され、あまり長時間起用する必要がありません。 そのため、強力なエンジニアリングパワーでありながら、ITコストすらも削減することができます。

お勧めのプランはExtra supporterです。社内のコンピュータに関することを全て相談することができ、 さらに保守や提案も可能です。 開発時期には開発サービスを併用するか、Extra engineプランに変更することでスムーズに改善を図ることができます。

もしも日々コンピュータのトラブルはあまり生じないようでしたら、Master bitによって保守を依頼するのが良いでしょう。

IT企業様のご利用

開発系のプロジェクトにおいて、人員が足りず、強力なエンジニアが必要、そしてパーツとして切り離しての外注もできない、という場合、 このサービスによってエンジニアをレンタルすることができます。

お勧めプランはExtra engineです。月80時間の助っ人としてご利用いただけます。

契約・料金

料金は

によって変動します。

現在担当可能なエンジニアは代表の正木はるかのみですが、 将来的には追加される可能性があります。

担当者は選択でき、担当者によって料金が変動します。 それぞれ得意分野が生じますので、ご希望の内容と担当エンジニアの空き具合によって調節することとなります。

以下は正木はるかを起用する場合に利用できるプラン及び料金です。 空き状況により常に全プランが選択できるわけではありません。

名称月額(円)内容
Extra bit25,000月当たり5時間程度です。エンジニアがおり、チェックのみ必要とする場合に向いています。サーバー管理においては、「何も起こらない」「何も追加しない」ことを期待するものになります
Master bit81,000月当たり16時間程度です。比較的簡単なチェック、監修など実作業を伴わない管理者が必要な場合に向いています。サーバー管理においては、何か起こった場合、あるいは追加や設定変更が必要な場合でもゆるやかに作業をすることが許容できるのであれば利用可能です
Extra supporter270,000月当たり40時間程度です。サーバーの管理やシステム管理、サポート及び補助機能開発など、コンピュータがクリティカルにならない業務における社内SEのような業務に向いています
Extra engine600,000月当たり80時間程度です。保守業務を担当しながら開発業務などに回すだけのパワーもあります。急がないもののエンジニア戦力として計上できる存在がほしい場合に向いています
Hacker for you1,150,000兼業で雇用するのに近い内容です。開発業務にも適し、フルスタックエンジニアとしてITを全面的に支えます。基本的にはIT業務を伴う事業に適していますが、迅速な対応が必要になるITクリティカルな業務にも適しています

契約期間は1年単位ですが、プランは3ヶ月ごとに変更することができます。 これにより、開発や立ち上げなど作業量が多いタイミングでHacker for youで契約し、3ヶ月後にExtra engineに変更するといったことも可能です。