サーバー&サイトリニューアル

12月に入ってから急遽進めてきたサーバーとウェブサイトのリニューアルですが、 ようやくできました。

ようやく、と言いながらこの12月は非常に忙しかったので、 無事達成できてほっとしております。

この更新は単に移し替えただけでなく、

1年前から色々考えてはいたものの、着手は12月に入ってからですから、怒涛でした。 中には実に3年も積まれていたタスクもあります。 年内にはやる、と言っていたのですが、無事達成できて本当にほっとしています。

ウェブのほうは見た目が基本的に従来を踏襲したイメージで作られているため、 ぱっと見あまり変わっていないように見えるかもしれませんが、 実は見た目も結構違います。 中身は全くの別物です。

サーバーロケーションが変わったので(これまでMimir Yokohamaで管理しているサーバーではありませんでした)、スマートフォンでも広告がでなくなりましたね。

Mimir Yokohamaの年表を見ると(退屈と思われるでしょうが、見ると意外と面白いと思うので)

という感じで、割といつも「せっかく作ったのにすぐ変える」状態になっています。 「せっかく作ったのにもったいない」と思うことは多々あります。

特に名刺やチラシなどの販促物は、ドメインやアドレスを変えてしまうと使えないため、 ここに書いていない細かな作り直しが大量に発生しています。 捨てるのは心苦しいのでとってあるんですけれど、邪魔です。

この中で一番つらいのはPureBuilder2ですね。 開発も大変だったというのもありますが、そもそも実は使い心地はPureBuilderのほうがよかったのです。 ただ、PureBuilderはWindowsに対応していないため、お客様がお使いいただけるソフトウェアとしてPrueBuilder2が開発されました。

ところが、PureBuilder2を使ったサービスというのは一度も提供せずに終わり、 単純に開発と設置の労力がかかっただけに終わりましたから。

Mimir Yokohamaになってからは継続性を重視していて、 従来の教訓を活かした状態にようやくなりました。 いやぁ、環境が完成するって素晴らしいですね!

なお、長期間かかったものとしては「サーバーの契約→移行」が2014年10月から、「サーバーソフトウェア変更検討→実施」が2015年7月から、「Let’s Encryptによる暗号化」が2016年4月からと結構かかっています。

暗中模索で事業を立ち上げたため、なかなかあるべきカタチを見いだせずに苦労しましたが、 ようやく結実しつつあります。

これからもMimir Yokohamaをよろしくお願い致します。

Fullsized Image