「ミーミル」ってどういう意味?

Mimirは北欧神話に出てくる賢者の神です。北欧神話の主神であるOdinの伯父にあたり、OdinはことあるごとMimirに相談していました。 ユグドラシルの根本にはMimirが管理する「ミーミルの泉」があり、知恵と知識が隠されているとされています。

Mimirは「ミーミル」「ミミル」「ミーミ」などと読みますが、当事業は「ミーミル」です。

「研鑽と探求を積んできた高度な知識を、ふつうの人のために役立てたい」 そんな思いからミーミルと名付けました。

あなたの暮らしをコンピュータでよりよいものに。 コンピュータを嫌なものでなく、役に立つものに。 Mimir Yokohamaがそのお力になりたいと思っています。

Fullsized Image